日本で最初の歯医者さん

医療が目覚ましい進化を遂げている昨今ですが、歯科医療に関しては一体どういった歩みを以て現在のスタイルと変化を遂げて来たのでしょうか。日本で初めての歯医者が現れたのは医師と比べ大幅に後の時代にあたる明治時代とされています。
日本で初めての歯医者は小幡英之助氏です。小幡氏は、現在の大分県中津市である豊前中津の藩士の家に生まれました。

明治2年に上京し、叔父・小幡篤次郎の紹介のもと芝新銭座にある慶應義塾に入学し、学問の研鑽を深めます。



そしてその後、同じく豊前中津出身の医師に付き従い医学を修め、さらに横浜で外科医療を習得します。
そして彼の歯科医師としての誕生のきっかけとなったのが、丁度来日していたアメリカ人歯科医師・セント・ジョージエリオット氏と出会いです。

彼から最先端の欧米の歯科医学を学びます。
明治の初期には、日本は欧米の様々な制度を盛んに取り入れ、中でも明治7年に採用された、医師が新規開業するための医制が発令されることとなります。

ますますの医学の発展を促す施策だったのですが、当時は医制に「歯科」 の項目がなく歯医者として開業することができませんでした。当然のことながら免許も修得できません。そこで小幡氏は立ち上がります。


西洋の歯科技術を身につけたのだから医師ではなく歯科医師になりたい、歯科試験を受けたい、と申請し、日本初の歯科医術試験を受け見事合格、初めての歯科医師が誕生しました。

それが明治8年のことでした。

今すぐ見つかるwikipedia関連情報を解説します。

日本の歯医者の歴史は小幡氏とともにあります。