ウェブ会議のソフトには2つの種類がある

ウェブ会議を行うには、ソフトを使わなければなりません。
そのソフトは、インターネット上からダウンロードできます。


無料で使えるウェブ会議用のソフトが多いです。無料だからと言って性能が落ちるわけではありません。
普通に使うことができます。
無料のウェブ会議用のソフトには、いくつかのデメリットがあります。



広告が入るのが、一つのデメリットです。広告が入るからと言って、特にソフトが使いにくいわけではありません。


しかし、パソコンやスマートフォンの画面に広告が出るのを、わずらわしく感じる人もいるでしょう。
もう一つのデメリットは、人数の制限があることです。決められた人数以内で、会議を開かなければなりません。こちらのデメリットに不便を感じる人もいるでしょう。


その場合は、有料版を使うことで、それを解消できます。
有料版と言っても、高額なものではありません。



1ヶ月2000円から3000円程度で使えるものがあります。有料版だったら、留守番電話の機能がついたり、携帯電話からかけられるようになるソフトがあります。
無料版と有料版の大きな違いは、人数です。



会議に参加する人が多い場合は、最初から有料版を導入した方が良いでしょう。それ以外だったら、無料版の方から試してみましょう。

いったん無料版をインストールした後に、無料版にアップグレードできることが多いです。
無料版を使ってみて、自分に合わないと感じたら、他のソフトを試す方法もあります。